グリーンスムージー 効果

グリーンスムージーの効果

グリーンスムージーはダイエットだけでなく、肌や腸にも効果的な健康食品ダイエットで話題のグリーンスムージーですが、体にどのような効果があるのかご存知ですか?朝食をグリーンスムージーに置き換えることで、ダイエット効果があると話題になったのですが、その他にも様々な健康によい効果が期待できます。グリーンスムージーの作り方は簡単で、ほうれん草やモロヘイヤなどの緑の濃い葉野菜と果物、水をミキサーにかけて出来上がりです。初めは果物を多めで作り、馴れてきたら徐々に野菜を多くすると飲みやすいです。

グリーンスムージーでは、食物繊維をまるごと摂ることができるので、便秘解消の効果が期待できます(逆に、好転反応で便秘になる場合もあります)。他にも気になる体臭がなくなったり、便の匂いが減る、肌が綺麗になる、さらには胃の調子がよくなったり、血液がサラサラになるなど健康効果が期待されます。グリーンスムージーは続けて飲むことで効果があらわれるので、自分に合った組み合わせや分量を見つけることも重要です。

グリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーは野菜や果物を水と一緒にミキサーにかけて作りますが、作り方を間違えるときちんとした効果を得ることができなくなります。自己流で行っている人は自分の方法が合っているのかを一度確かめてから行うと失敗しません。正しいグリーンスムージーの作り方として、まず第一に気を付けたいのが食材の選び方です。

野菜を使う時は、でんぷん質を含む根菜ではなく葉物を使うようにします。第二に口当たりを考えて水ではなくヨーグルトや豆乳を使う人もいますが、加えて良いのは水だけです。味の調節は入れる野菜や果物で行います。第三に果物は皮を剥かずにそのまま使用します。作ったら、一気飲みするのではなく時間を掛けてゆっくりと飲むことが大切です。あとは、生の食材を使用すること。加熱した食材はグリーンスムージーでは使用しません。